オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

2014年10月24日
ホラー・サイコ・サスペンス・ミステリー・心霊
オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

監督は『ハムナプトラ』シリーズや『G.I.ジョー』のスティーヴン・ソマーズ。
視覚効果は『アバター』の最強VFX製作チームが担当し、ありえない不気味な超常現象を見事に日常空間へと溶け込ませた。
主役のオッド・トーマスを演じるのは『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアントン・イェルチン。
オッドを助ける警察署長に、『スパイダーマン』シリーズのウィレム・デフォー。
先の読めないサスペンスに満ちたストーリー展開、そして青春ラブストーリーとしての意外な感動。
不思議な宿命を背負った若者のピュアな姿をみずみずしく描いた大傑作が完成!


監督・脚本
スティーヴン・ソマーズ

製作
スティーヴン・ソマーズ
ジョン・バルデッチ
ハワード・カプラン

製作総指揮
カーステン・ロレンツ
スティーヴン・マーゴリス
マイケル・アラタ
ブルース・マクイネス

原作
ディーン・R・クーンツ
『オッド・トーマスの霊感』(ハヤカワ文庫刊)

出演
アントン・イェルチン
アディソン・ティムリン
ウィレム・デフォー
ググ・バサ=ロー

ストーリー
オッド・トーマスはダイナーで働く20歳のコック。
しかし“オッド(奇妙)”という名のごとく、彼には特異な能力があった。
平穏に生きていたいと願うオッドだが、死者を見る事が出来、死者が見えるとつい関わってしまう。
そんなある日、ダイナーの店内で、“ボダッハ”という不気味な悪霊を大量に目撃する……。
ボダッハの出現は流血の惨劇が間近なことを意味するのだ。
ヤツらは暴力的で凄惨な死を嗅ぎつけて集まってくる……。
町の危機を放っておくわけにはいかないオッド。
果たして彼に町の平和は守れるのか? そしてオッドの運命は―?


「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」 商品詳細を見る


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー