地球を襲う太陽嵐

2014年09月08日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
地球を襲う太陽嵐

太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介!
明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る!


制作・監督
ベン・フォックス

シリーズ編集
アイダン・ラヴァティ

内容
突然、都市に大規模な停電が起き、GPSが使えなくなり、人工衛星が失われる……
そんなパニック映画のようなリスクがひそかに私たちの生活を脅かしている。
原因は太陽の表面で起きる爆発によって発生する「太陽嵐」だ。
強い電磁波やプラズマが1億5千万km離れた地球に降り注ぐのだ。
次に太陽活動がピークをむかえるのは今年の秋頃と予想されている。
IT化が進んだ現代社会で大規模な太陽嵐が地球を襲った場合、停電に加えて電子機器の異常動作や情報通信の障害などで全世界が混乱に陥る恐れがあり、アメリカでの報告では損害は最大2兆ドルに上ると推計されている。
太陽嵐が地球の高層大気を加熱し膨張させることで、人工衛星が軌道を外れ墜落するケースもある。
また、最近の研究では、過去に観測された最大級の太陽嵐を上回る規模の「スーパーフレア」が発生する可能性もあるとわかってきた。
番組では、近年解き明かされつつある太陽嵐のメカニズム研究の最前線や、産業・社会基盤などを守ろうとする“宇宙天気予報”の取り組みを紹介し、明日にも起きるかもしれない太陽嵐の脅威と備えの方策を探る。



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー