キャプテン翼(昭和版)

2014年09月26日
アニメ・CGアニメ
キャプテン翼(昭和版)

週刊少年ジャンプ」にて1981年より連載が開始された高橋陽一原作のコミック「キャプテン翼」。
大空翼を主人公に、仲間やライバルたちの出会いを通して、サッカー選手として活躍し、成長する姿を描く。
アニメも人気を博し、日本国内でサッカーブームを起こした。
本作のアクロバティックな必殺技の数々は全国の少年たちがこぞって真似をし、現在活躍中のプロ選手にも、影響を与えたと言われる。


原作
高橋陽一(週刊少年ジャンプ/集英社刊)

チーフディレクター
光延博愛

キャラクター設定
岡迫亘弘

美術監督
中野一朗

撮影監督
森下成一

音楽
飛沢宏元

音響監督
山崎 宏

制作
テレビ東京、土田プロダクション

出演(声)
小粥よう子
山田栄子
橋本晃一
鈴置洋孝
飛田展男
溝口 綾
鈴木みえ
田中秀幸
丸山裕子
坂本千夏

ストーリー
大空翼の所属するサッカーチーム・南葛SCは地区予選を勝ち抜き、全国の舞台でさまざまなライバル達と出会う。
翼は仲間の岬、石崎そして若林たちと協力し、必殺のオーバーヘッドキックを武器に強豪チームと対決してゆく。
そして最大のライバル、屈指のストライカー・日向と天才キーパー・若島津属する明和FCとの決勝戦。
頂点に立つのは果たして!?


「キャプテン翼(昭和版)」 商品詳細を見る


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー