ハットしてキャット

2005年10月13日
ファンタジー


監督
ボー・ウェルチ

出演
マイク・マイヤーズ
アレック・ボールドウィン
ダコタ・ファニング
スペンサー・ブレスリン

ストーリー
欲しいものが何でも出てくる不思議なシルクハットをかぶった奇妙なネコと子供たちが愉快なお留守番を体験する笑いと感動のファンタジー
(2003年 アメリカ)


原題:The Cat in the Hat


*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

ヒトコト
ハッキリ言って全然面白くなかったよぉぉ~
街並や建物など、全体の色使いとかは絵本の中の世界みたいで可愛いしキレイだったけどねぇ
何故、あの猫を実写にしたのかが不思議。。。(;´・ω・)
あれぢゃ、ただの着ぐるみを着たオヤジが一人芝居してるみたいに見えるよ。。
金魚と同じくCGにすれば良かったのにィ~
そぅすれば動きや面白さ、不思議さが倍増すると思うのになぁ。。。
この作品って子供向けなのかしら?!
コメディと言っても笑えないオヤジギャグみたいな事を言ってるだけだし、めちゃお下劣で不快な感じだわ。。
日本のお笑い芸人もそぅだけど、下品で嫌気がさすよ...(´ι _` ; )
米国でも、こんなお下劣なのがワケてるのかとσ(._ ・;*)ゥーンって感じでした。
関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー