人類滅亡の日 ~世界が終わる10のシナリオ~ 浮遊惑星の衝突

2020年05月04日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
人類滅亡の日 ~世界が終わる10のシナリオ~ 浮遊惑星の衝突

不可解で恐ろしい現象が地球を襲う。
空から降るガラスの雨、大気圏に空いた巨大な穴、歪む重力、ダウンする世界中の通信機能、忍び寄る病原菌。
このような地球規模の大災難が人類を襲うかもしれないと研究者が指摘する。
さらには、軌道を外れた惑星による衝突や、ガンマ線バースト、メタンガスによる海底の噴火、核戦争もそのリストに加わる。
驚愕のCG技術によって、数々の天災が降りかかる様子を映像化しながら科学的な考察を加えてゆく。
これは人類の終末の始まりなのか。
果たして人類は、そのような終末を防ぐことが可能なのか調査する。


内容
銀河を漂う浮遊惑星は恒星の数の2倍あるという。
もし、海王星ほどの大きさで環をもつ惑星と地球との衝突が避けられないとしたらどうなってしまうのか?
人々がパニック状態で逃げ回る中、たった4時間で、近づく惑星の重力が月を破壊し、超音速の風を巻き起こし、あらゆる地震断層や火山を刺激、ついには地球を粉々にしてしまうのだ。


関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー