古代の宇宙人 S1 #4「遭遇」

2020年01月27日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
古代の宇宙人 S1 #4「遭遇」

「古代の宇宙人」では、恐竜時代や古代エジプト時代、そして現代のアメリカ西部砂漠地帯の上空に至るまで、この7,500年間、地球上で目撃された最も信憑性ある宇宙人情報を検証してゆく。
洞窟壁画に見られる奇妙な生き物の絵、エジプトのピラミッドの中で発見された正体不明の生物の残骸から作られたアルファベットを象ったような物体、後を絶たないアメリカでの目撃情報など...。
これらは検証する膨大なストーリーのほんの一部である。


スタッフ
Kevin Burns
Arthur Maturo
Bill Katz

キャスト
Giorgio Tsoukalos
David Childress
Robert Clotworthy

内容
いつの時代にも、奇妙な生命体との遭遇報告や空を飛ぶ謎の物体の目撃談はある。
13世紀の歴史書「皇帝の閑暇」には、英国のブリストル上空を飛んでいる宇宙船から降りてきた生物の報告が書かれている。
コロンブスのアメリカへの初航海時の航海日誌には、上空の奇妙な光の報告が含まれている。
中世芸術においても、空に浮かぶ円盤型の物体が、複数の作品に描写されている。
聖書の時代から現代にいたるまで、世界中で報告されるこれらの目撃談は、宇宙人がずっと人類とともに存在する証明になるか?


原題:ANCIENT ALIENS
©A&E Television Networks. All Rights Reserved.



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー