水中都市は実現できる!?

2018年07月05日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
水中都市は実現できる!?

水中都市をテーマに取り上げる。もしも水中で生活できたなら?
番組では、CGを使ってイメージを詳細に紹介するほか、
難題に立ち向かう研究者の実験などを通して、未来都市実現の可能性を考える。


ナレーター
渡辺徹

内容
人類の宇宙への移住計画はSF映画にしばしば登場するが、「宇宙よりも海底移住のほうが現実的だ!」と考える研究者たちがいる。
しかし、そのためには乗り越えなくてはならない課題が多くある。まずは場所選びだ。
現在理想とされているのはフロリダ沖の水深30メートルだが、その理由とは?
次に、居住施設の建築だが、作業の効率化とダイバーの安全確保が求められる。
そのため、深海でも自由に手足を動かすことができ、浮上の際に減圧室に入る必要のない特殊なスーツを開発中だ。
他にも、生活に必要な電力や酸素の供給システムや、水中での乗り物の試作など、課題の解決が進みつつある。
そんな中ドイツでは、水中生活がもたらす肉体的、精神的な影響を検証する実験が行われた。
その方法とは、水族館の巨大水槽に、長さ2.5メートル、幅1.6メートルの箱を沈め、研究者がその中で2週間過ごすというものだ。
果たして、人間は水中で生活できるのだろうか?
美しいCGイメージと研究者の実験を送る今回。
水中都市は未来の都市の姿になりうるのかを考える。
(2010年 アメリカ)



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー