恐怖新聞

2018年04月26日
アニメ・CGアニメ
恐怖新聞

1973~76年に「週刊少年チャンピオン」に連載、70年代オカルトブームの火付け役ともなった、
つのだじろうのコミックをアニメ化。
「真夜中に奇怪な新聞が来た」「因縁霊は七代たたる」の全2話からなるOVAシリーズ
突然深夜に配達される「読むと寿命が縮まる」恐怖新聞が運ぶ「不可思議な」出来事を描く。


原作
つのだじろう

監督
安濃高志

脚本
桜井政明

絵コンテ
渡部英雄(第1巻)
新田義方(第2巻)

演出
淵出堕世(第1巻)
新田義方(第2巻)

キャラクターデザイン
上村栄司

作画監督
上村栄司(第1巻)
菊池城二(第2巻)

美術監督
勝又激

音響監督
松浦典良

音楽
つのだたかし

編集
谷口肇 (ファルコン)

アニメーション制作
ぴえろプロジェクト

キャスト(声)
鬼形礼:古谷徹
中神緑子:久川綾
中神:田中秀幸
浄雲法師:永井一郎
ポルターガイスト:屋良有作
竹ノ市:麦人
木原:塩屋浩三

ストーリー
第1巻「真夜中に奇怪な新聞が来た」
第2巻「因縁霊は七代たたる」

鬼形 礼(きがた れい)は超常現象を信じない現実主義の中学生。
しかし、ある夜の午前0時、彼のもとに未来の出来事が書かれた「恐怖新聞」が届けられる。
最初は信じられなかった鬼形だが、翌日、記事はすべて現実のものに。
さらに「恐怖新聞」は1日読むと100日寿命が縮まるという噂を聞いてしまう。



関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー