フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「放射能 マリーが愛した光線」

2018年07月12日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「放射能 マリーが愛した光線」

科学は、人間に夢を見せる一方で、ときに残酷な結果をつきつける。
理想の人間を作ろうとした科学者フランケンシュタインが、怪物を生み出してしまったように…。


出演
池内了
肥山詠美子

ナビゲーター
吉川晃司

司会
武内陶子

内容
物理学者マリー・キュリーは夫ピエールと二人三脚で放射能を発見し、女性初のノーベル賞を受賞。
何物にもよらずエネルギーを発する放射能の発見は、「原子は分割不可能で不変の、物質の最小単位」という、それまでの常識を覆し、「核の時代」の扉を開くものだった。
夫の急死以後、子どもたちさえ顧みず研究に没頭。
マリーの純粋な科学への愛は次第にゆがんでゆく…。
知られざるマリーの一面に迫る。




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー