ダイアナ プリンセス最期の日々

2016年10月31日
ドキュメンタリー・カルチャー・教養
ダイアナ プリンセス最期の日々

BBCで放映、“プリンセス・オブ・ウェールズ”ことダイアナ元皇太子妃が97年8月に事故死するまでの最期の日々をドキュメンタリー形式で再現したドラマ。
2006年12月にロンドン警視庁がまとめた最終報告書をベースに、世界を驚愕させた事件の真実に迫る。


監督・製作総指揮
リチャード・デイル

キャスト
ジェネヴィーヴ・オーライリー
パトリック・パラディー
ショーン・ドゥーリー

ストーリー
1997年、ダイアナは絶えることのない派手な評判の中で、自らの希望と野心を実現させようと夢中になっていた。
地雷廃止運動などの関わりながら、ドディ・アルファイドとのロマンス、プライベート・ジェットや豪華なヨットに囲まれた日々、全ては彼女の思い通りになっているように見えた。
一攫千金を狙うパパラッチ、達成困難な自由を求めたダイアナ。
そして1997年8月31日、真夏のパリの夜の出来事が全ての運命を狂わせた。


(C) 2007 Dangerous Films




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー