稲川淳二 恐怖の現場 最終章Part2 ~終わりの始まり~VOL.1 悪魔の御嶽、呪われた廃喫茶「いずみ」/沖縄県・宮古島

2016年11月28日
ホラー・サイコ・サスペンス・ミステリー・心霊
稲川淳二 恐怖の現場 最終章Part2 ~終わりの始まり~VOL.1 悪魔の御嶽、呪われた廃喫茶「いずみ」/沖縄県・宮古島

「恐怖の現場」は、まだ終わっていなかった。
恐怖の帝王〝稲川淳二“が検証する心霊現象とは、そこで何が起きたのか?
そして、そこには一体、何があったのか?


キャスト
稲川淳二
二宮歩美
奥山奈々

内容
【悪魔の御嶽、呪われた廃喫茶「いずみ」/沖縄県・宮古島】
日本三大心霊スポットの一つとも称される、宮古島、廃喫茶「いずみ」。
30年ほど前に夫婦で営んでいた「喫茶いずみ」。
10年ほど後に経営難に陥り奥様が自殺!
その後は持ち主が変わるものの、再び使われることも無く荒れ放題になっている。
地元の人々に聞くと、宮古で一番の心霊スポットは、殆どの人がこの「喫茶いずみ」の名前を挙げる。
またこの場所自体が商売をするには適さない、神と水の通り道にあるといわれ、地元民も中に入ることを拒む・・・
この最恐の心霊スポットに挑む、稲川淳二と二宮歩美、奥山奈々。
この時期には珍しい一行を拒むかのような激しい風雨に見舞われる。
検証中、二宮は誰かに「触られた」「囁かれた」! ?と訴えるなど怪奇現象が連発する。
更に奥山の顔色がおかしい! ?まさか、憑りつかれたのか! ? 言い伝えは本当なのか?


(C)2016「稲川淳二/恐怖の現場~最終章~」製作委員会




関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー