ハイテクのルーツ3 巨大タンカーの驚愕テクノロジー

2015年12月08日
ナショナルジオグラフィック
ハイテクのルーツ3 巨大タンカーの驚愕テクノロジー

最先端テクノロジーを支えるのは、長い歴史で生み出された発想や独創的な装置の数々!
リチャード・ハモンドが世界中の先進的なエンジニアリングのプロジェクトの裏舞台、ハイテクのルーツを探す旅に出る。
ここで紹介される人工物はハイテクのたまものであるが、ハモンドはそれらのDNAの奥深くまで検証し、そこに秘められている驚くべき発明とアイデアの数々をお見せしていく。
歴史を遡り、世界のあらゆるところからインスピレーションを得て、世界初の発明として世界に存在しているのである。
すべてが21世紀のエンジニアリングの奇跡を生み出すルーツであり見逃すことのできない存在なのである。


巨大タンカーの驚愕テクノロジー (Super Tanker)
リチャード・ハモンドが、世界で最も危険な貨物を巨大なタンカーで輸送するために必要なテクノロジーに迫る。
タイタニック号より大きなその船内には、ロンドンの街ほどある広さをおよそ一週間の間暖める燃料を搭載している。
そのエネルギーは、広島原爆の55倍に匹敵する。
貨物は、南極で記録された最低気温の2倍も低いマイナス162℃に冷やされるが、これは普通の鋼鉄なら粉々に壊れてしまうほどの超低温だ。
液体の貨物は、中で揺れると船を転覆させる可能性がある。
この巨大なハイテク船体を前進させるために用いるのは、2000年前からあり今も強烈な威力を持つ技術だ。
それをリチャードは実験で目の当たりにする。
一歩間違えば大爆発を起こしかねないタンカーを効率的かつ安全に運行するためには、カトラリー、空中での燃料補給、消防車、そして進化論の父チャールズ・ダーウィンも観察した沸点と気圧の関係の原理に関係したエンジニアリングが必要とされるのだ。

原題:Engineering Connections 3 (Super Tanker)


(C) Ronan Browne (C) DSP (C) Liz Biggs (C)DSP (C) DSP/ Ronan Browne
関連記事
ジェニー
Posted by ジェニー